GHプレミアムの品質管理、安全基準は安心できる?

GHプレミアムの品質管理、安全基準は安心できる?

精力剤やサプリメントに限らず、口に入れる商品は

 

その商品がどんな場所でどんな風に作られているのだろうか?安心して、摂取しても大丈夫だろうか?

 

といった品質に関することが気になってくるのは、当然だと思います。

 

そこで、GHプレミアムは安心して飲めるのか、品質管理面について調べてみました。

 

 

生産は全て国内工場で生産

 

GHプレミアムの製造は、全て国内にある大手企業の工場に委託するという形で行われています。

 

日本の食品工場では、厳しい基準の下で、徹底した、衛生管理、品質管理を実施しながら製品を製造するということは、皆さんご存じのとおりです。

 

「大手企業の工場」に委託しているということですので、大手企業の工場が衛生管理や品質管理を、より徹底していることは言わずもがなですから、

 

GHプレミアムの安全性に関しては、問題なく信頼を置けるものであると言えるでしょう。

 

栄養成分にこだわり、余計なものを徹底排除

 

GHプレミアムの最大の特徴として上げられるのは、配合する栄養成分へのこだわり。

 

「GHリリーザー」「天然ハーブ」「ミネラル」「ビタミンB群」と多角的な角度から、数多くの栄養成分を実にバランス良く配合しています。

 

GHプレミアムの錠剤をよく見ると、表面にザラザラがあることに気付きます。

 

 

このザラザラが気になるというユーザーもいるようなのですが、実はこのザラザラも、GHプレミアムの栄養成分へのこだわりの現れです。

 

一般的なサプリメントの多くが表面がキレイでツルツルしているのは、糖衣や着色料を使っているためです。

 

GHプレミアムは、こうした糖衣や食料・保存料などは一切無使用。

 

栄養成分以外の余計なものを完全に排除しています。

 

見た目などに拘らず、栄養成分に徹底的に拘った商品づくり、その点でも品質に対する信頼が高まります。

 

国際基準「GMP」をクリア

 

GHプレミアムの製造は、GMP基準をクリアしています。

 

GMPというのは、「Good Manufacturing Practice(適正製造規範)」の頭文字をとったもので、

 

WHO(世界保健機構)が、1986年に制定を決議し、1969年に各国に勧告した国際基準です。

 

具体的には、健康食品やサプリメントを製造する会社に対して認定されるもの。

 

工場の構造や設備がどのように作られ、運用されているか、工場の保守・点検・管理、製品の品質管理、衛生管理、製造管理など細部にわたって、

 

規則や規格、作業手順書を設け、全ての工程にわたってそれらをチェックし、その記録を残すことが求められています。

 

そして、本当に決められた規則が守られているのか、実際に製品は規格どおりに製造されるシステムになっているかということに関しては、

 

厚生労働省の指導のもと「JIHFS(日本健康食品規格協会)が、

 

実際に工場の査察を行い、チェックしてその結果を評価することで与えられる認定です。

 

 

GHプレミアム

GHプレミアム